スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニュースで特に気になること。

日々、いろんな事件や事故が起こり、関わっておられる方の胸の内を思うと
いたたまれないようなニュースで満ちています。

その中、息子と二人、衝撃を受けたニュースがありました。

みなさま、趣味とまではいかずとも、好きなことってありますよね?

たとえば、梱包に使われるプチプチつぶし。
         
                        なんか。(他に例が思いつかない)


我が家には複数の小さな犬がおります。 以下ワンズ

そして我が家は自然豊かな場所にあり、庭がまーまー広いため、気ままに駆け回っているわけ
なんですが、そのコたちについてきます。

そう、あのダニ。
草むらなんかにいて、通りかかったワンズにヒュンとついてきます。

そのダニを、帰宅したワンズをひっくり返して(主にお腹や顔に付くのです)
除去するのです。
それが私たちの密かな楽しみなんです。小さい犬ですが、5匹もいるので、表裏、鼻の先から
しっぽの先まで。 日頃、気が短いのに、この時ばかりは異常に気が長い。

ちなみに季節限定のお楽しみで、
冬は発生度ほぼゼロ。 春から夏にかけてが収獲時です。 

時折、ダニの集会場所に行っちゃったね? というくらい無数のダニをつけてきたり
します。 そう、100匹くらい。 その除去作業は1時間以上かかるのです。
その作業に耐える犬も偉いです。 こちらは趣味に近いから、楽しみが入っているので。
息子と二人、どちらがたくさん、いかに大物を捕まえるか競うようにやります。
(この執着心を他に活かして欲しい・・・)
時折、除去を免れたダニが成長しきってポトリと落ちていることがあります。
これは、夏に多く、「アレ?スイカ食べたっけ?」  そう、スイカの種に酷似しています。

ここまで大きくなったヤツを淘汰(押しつぶす・・・)するときはかなりの
覚悟が要りますが、見つけたときは写メして家族に自慢し、その日の夕食ネタとなります。
(どんだけダニが会話を助けてんのや~)

で、そんな何気ない楽しみの要素くんが、同じ種類かわからないけど
人を死にいたらしめてしまうことがあるなんて!!!

新聞を読まない、思春期で特に親に話しかけたかない息子が、「コレ!!」と
くいついたのもムリないです。

でも、専門家さんが有効な防衛策はないと仰っていたので防ぎようがない
のでしょうか。 
いや、今年は病院でダニ予防してもらうしかないな。

つまり、あの密かな楽しみはもう・・・・

時折、人にもひっついています。 
ワタシも入り口付近ですが耳の中にいたことが
あります。 危ないねー。 かゆいだけかと思ってタ。
しかもあんまり拡大して見せないでほしー。(小さいからただのゴマみたいに見えてたのに)

ダニはどこにでもいます。(主に草むら)
赤い発疹が全身に出てきたりしたら、即座に病院へ。


いや、命がかかっているのだからいさぎよくあきらめますが、残念です。
もっと無害な楽しみがまたみつかりますように。

くらしネタでなく、さらに不愉快になるかもしれないネタで申し訳ありませんです。

                           スタッフ N
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くらしカフェ

Author:くらしカフェ
赤ちゃんからお年寄りまで、皆様のお越しをおまちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。